動物写真を楽しもう~壺齋散人の生命賛歌
HOMEブログ本館東京を描くあひるの絵本美術批評フランス文学 万葉集プロフィールBBS


動物園がキリンを殺してライオンに食わせる



デンマークの動物園が飼育していたキリンを殺したうえに、その遺骸をライオンに食わせたというので、動物を愛する人々の間で大騒ぎになっているそうだ。

殺されたのは1歳6か月になるオスのキリン。動物園では、キリンの集団内で同じ遺伝子を持った個体が増えたので、近親交配を避けるために処分したと説明しているそうだが、もっと他にやりようはなかったのかと、批判の声は止まない。

たしかに、動物園の説明は説得性にかける。近親交配が心配なら、集団の構成を変化させれば済む話ではないか。たとえば、他の動物園と個体の交換を行うなど、方法はいくらでもあったはずだ。それを無慈悲にも殺した挙句に、ライオンの餌にするとは、あまりにも能がなさすぎる。

それにしたって、キリン一頭分の肉を、この動物園の肉食動物だけで食い尽くすわけにはいかないだろう。動物たちが食えない分は、この動物園の職員たちが、バーベキューにでもして食うのだろうか。(写真はAPから)







HOME次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2012-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである